3回目のデート 女性心理

3回目のデートで告白を受け入れる女性心理

スポンサーリンク

正式に恋人と呼べる関係になるには、いくつかの段階を踏む必要があります。
まず、顔を合わせれば気軽に話ができる関係になることです。
それをクリアしたら、携帯の番号を交換して、いつでも連絡が取れる関係になります。
そして、最終的には二人きりでデートができる関係を目指します。
特に3回目のデートは、告白するタイミングとして意識します。
最近は異性に対して、強い警戒心を持つのが、女性心理として当たり前になっているので、簡単には携帯の番号を教えてくれない場合が多いです。
そのため、そうした女性心理を事前に理解して、信頼されるように気を配ります。
こつこつと努力を重ねて、携帯の番号を教えてもらうことができたら、かなり脈がある場合の女性心理の表れ、ということになります。
女性心理は難しいようで、意外と単純です。
ひたすら誠実さをアピールすることで、強い警戒心を解くことができます。
気軽にデートができるようになれば、両思いは近いですが、すぐに告白するのは避けます。
告白は、3回目のデートにします。
スポンサーリンク

多くの女性は、3回目のデートをポイントとして考えています。
二人きりで会うデートは、よりお互いのことを深く知るきっかけになるからです。
1回目のデートでの女性心理は、デートにかかるお金を払ってくれるかなど、今まで以上にその男性の内面を見よう、となります。
そこで問題なければ、2回目のデートになり、自分のことを大切にしてくれる人だと判断されれば、スムーズに3回目のデートにつながります。
3回目のデートの頃には、確実に両思いになっているので、可愛いと思われたい、という女性心理が働くので、見た目も変化していきます。
そのことでも好意を持たれていると感じることができるので、3回目のデートで自信を持って告白することができます。
まだ恋人になる前でも、好きになってもらいたい、という女性心理があれば、メイクやファッションが変化して、可愛くなっていきます。
気持ちは焦りますが、そこまで見て、3回目のデートまで待つことが、成功するポイントとなります。
スポンサーリンク