両想い 雰囲気

両想い特有のいい雰囲気とは

スポンサーリンク

両想いの場合、特有のいい雰囲気を醸し出してしまうので、本人たちは隠しているつもりでも意外とわかってしまうものです。
両想いのときによく見られるのは、以下のような雰囲気です。
一つ目が自然な笑みがあるということです。
何の気持ちもない異性間や、片想い中の異性間では、笑みが生まれることはあっても、ややぎこちないものになりがちです。
しかし、両想いの場合は自然に笑みが生まれます。
お互いに相手を思いやっており、相手に思いをかければそれに確実に応えてくれるため、つい嬉しくなって笑みがこぼれてしまうのです。
そのため、和やかで幸せそうな雰囲気が醸し出されます。
このときの笑顔は、はにかむような照れくさいような笑顔であるという特徴もあります。
二つ目が距離が近いということです。
人は気になる相手と物理的な距離も縮めたがるという心理があります。
両想いの場合は、その行動がお互いから生まれるため、かなり近い距離であることが多いのです。
端から見ると、すでに恋人同士のような雰囲気になることも少なくありません。
スポンサーリンク

三つ目がアイコンタクトが多いということです。
気になる相手のことはつい目で追ってしまうのが恋心です。
両想いだと、お互い目で追うことになるので、視線があってアイコンタクトとなるのです。
意図したアイコンタクトではないのですが、ふとした瞬間視線がぶつかることが多くなります。
そのときに、両想いだと笑みがこぼれることが多く、幸せそうな雰囲気が漂うことがあります。
そうしたときに周囲にバレることが多くなります。
四つ目は気がつくと二人きりになっているということです。
上記のような雰囲気は、周りから見ても一目瞭然であることが多く、知らぬは本人ばかりなりということが少なくありません。
そうなると、逆に周囲が気を使って二人を一緒にしようという行動をとりがちになります。
また、両想いだと相手の好みを把握していることが増えるため、自然と二人で動くことが増えてきます。
そのため、集団で行動していても気がつくと二人ということがあるのです。
このように両想いは特有の雰囲気があるので、意外と周りから見てわかりやすいものです。
スポンサーリンク