可愛くなる方法 性格

少し意識するだけで性格が可愛くなる方法

スポンサーリンク

世の女性の皆さんは、自分の性格が可愛くなる方法を探したことはないでしょうか。
そのお気持ちは十分理解できます。
そりゃあ、可愛らしい女性は好かれますものね。
ですが、先に言っておきます。
「性格が可愛くなる方法」はありません。
正確には(シャレじゃありません)、そもそも自分の性を変えることはできないんです。
つまり、性格自体を変えるのはあきらめましょう。
はい、馬鹿にはしていません。
では、どうすればいいのか。
まず、自分に自信を持ってください。
積もる話も積もらない話もそれからです。
要するに、自分に自信を持てば、どんな性格であろうとも、その人の「キャラ」になってくるわけです。
ここで大事なのは、その「キャラ」を認識するのは、自分ではなく他人である、ということです。
たとえ、どんなに毒舌で素っ気ない態度であろうとも、思いやりや優しさを持っていない人はいません。
むしろ、普段は毒舌だからこそ、優しくした時のギャップも大きいってものです。
とまあ、このようにプラス思考でいきましょう。
とにもかくにも、自分の「キャラ」に自信を持って自分がどんなキャラなのかを自覚しましょう。
スポンサーリンク

さて、自覚できたでしょうか。
深く考える必要はありません。
所謂、キャラ付けをするのは他人なわけですから、自分の意識の中では何となくこんな感じのキャラな気がする、くらいで大丈夫です。
初めに言っておきますが、魅力のないキャラはいません。
魅力のないキャラはいません。
とても大事なことですので、大真面目に2回言わせていただきました。
どんなキャラであろうとも、どこかしらに魅力はあるんです。
もし、そう感じられなかったら、それは魅力が見えていないだけなんです。
つまりは、あなたがどんなキャラであろうとも、魅力はあります。
クソ真面目、毒舌、人見知り、いいじゃないですか。
クソ真面目と言われる人は、それだけ決まり事を守ろうとする正義感のある人です。
毒舌だと言われる人は、物事の問題をはっきりととらえられている人です。
人見知りな人は、相手との関係性を注意深く測れる人です。
見方によって、それはいくらでも変化するんです。
長所と短所は表裏一体であり、長所は短所にもなりえます。
また、短所は長所にもなるんです。
無理に変えようとすればするほど、他の人から見たときの違和感も大きくなってしまいます。
すべての人に好かれる人はいません。
逆に、すべての人に嫌われる人もいないんです。
あなたが持っているその「性格」はあなた自身の大切な「あなたらしさ」です。
プラス思考をするだけで、自分がほんの少しだけ好きになれますよ。
スポンサーリンク